【×伝統工芸士】手もみ銀箔 card case
◎KENTO HASHIGUCHI ×伝統工芸士 白井 功(手もみ銀箔)京都の伝統工芸士と京都で活躍する若手バッグデザイナーとのコラボで実現したshopper bag。  京都西陣に使用されている伝統技法「手もみ箔」を用いて、墨を吹き付けつけることによって立体感のある陰影を表現し、まるで凹凸のある金属のように錯覚させる独自に開発した「銀箔」。全て手作なので出来上がる手もみ銀箔は世界に一つしか無い素材として出来上がります。持ち手には革紐と京都組紐を使用した2種類があります。<西陣 手もみ銀箔>着物の帯を織る際の技法です。銀紙のベースを手でもみ、出来たシワを利用して模様をつくります。揉んだあとに着色し展ばしたものが「手もみ銀箔」です。西陣織りの帯において、欠かすことの出来ない重要な物です。手もみ銀箔の裏にキャンバスの生地を張り合わせることによってカバンとしての強度を上げました。またPVC(ラミネート)生地を表に一緒に縫いこむことによって紙素材でありながら使いやすい仕上がりとなっております。◎商品説明
ラミネート帆布を用いて制作されたシンプルなカードケースです。通常の名刺で10枚ほど入れることができ、使い勝手もいいです。クレジットカードやショップカードを入れるケースとしてもオススメです。 
 
◎サイズ横11cm×縦6cm×まち7mm

【×伝統工芸士】手もみ銀箔 card case

¥3,300価格
  •  

    ◎使用素材

    <西陣 手もみ銀箔>

    着物の帯を織る際の技法です。

    銀紙のベースを手でもみ、出来たシワを利用して模様をつくります。

    んだあとに着色し展ばしたものが「手もみ銀箔」です。

     

    手もみ銀箔の裏にキャンバスの生地を張り合わせることによってカバンとしての強度を上げました。

    またはPVC(ラミネート)生地を表に一緒に縫いこむことによって紙素材でありながら使いやすい仕上がりとなっております。

     

    ATTENTION

    ・銀箔の素材は紙です。ビニールで表面を覆っていますが、縫い目などから水分が浸透する場合がありますのでご注意ください

    ・生地は切りっ放しで使用しているため使用に応じて解れる場合がございます。解れた場合は引っ張らずハサミなどでお切りください。

    ・表面に使用しているビニールは熱の影響を受けやすく変形する場合がありますのでご注意ください。また素材の性質上徐々に黄色く変色していくこともございます。

    ・持ち手には牛革に黒のコーティングをした革紐を使用しています。使用するにつれてコーティングが剥がれてくることがあります。

     

    以上の点をご理解の上本作品を楽しんでいただければ幸いです。

     

作品に関するご質問やご相談、ご注文は公式LINEでもお気軽に

バッグブランド「KENTO HASHIGUCHI」|公式HP

© since 2015 by Kento Hashiguhchi