2021キービジュアル-07.png

-crumple-

20210901hk4006.jpg

紙をくしゃくしゃにするとき、その動作は一見意図的なものに思えるが、入ったシワの一つ一つに注目すると、それらは私たちの意図の範囲外で起きていることがわかる。

シワは私たちの意思から独立した結果をもたらす。

2021キービジュアル-05.png

「くしゃくしゃにする」人為的でありながら、自然法則(アルゴリズム)によって生成されたシワは再現不可能なため、ライブ性も持ち合わせる。一度くしゃくしゃにした紙を広げ、また全く同じ状態に戻すことは不可能である。

KENTO HASHIGUCHIは、くしゃくしゃにされた結果(シワ)を一種のジェネラティブデザイン(アルゴリズミックデザイン)であると評価し、2021 2ndコレクション「crumple(くしゃくしゃにする)」を発表しました。

20210901hk4117.jpgの複製

crumpleで使用した素材は、ナイロン-アルミシート-メッシュの3層生地。
生地は撥水効果があり(縫い目があるため完全防水ではない)、表生地と裏生地との間に隙間を持たせる特殊なパターンで製作。外側の型紙より、内側の型紙をひとまわり小さく作ってあるため、ものを入れても表地にゆとりがあり、シワ感が維持されます。

紙のようなシワ感はアルミシートが体現。
使用するごとにアルミシートは金属疲労することで柔らかくなり、シワが移り変わる様のほか、唯一無二のデザインとなるのを楽しめます。

20210901hk4119.jpg

また、生地の色ごとよってデザインの遷移を見える度合いは異なります。
白銀色の方は透けた白色ナイロン生地に退廃していくアルミシートが透けて見え、
反対に黒の生地はアルミシートは透けて見えません。

MATERIAL

ITEM

-crumple- sacoche

20210901hk4010.jpg
20210901hk3723.jpg

 シンプルながら、くしゃくしゃの存在感があるサコッシュ。

20210901hk4001.jpg
20210901hk3717.jpg

財布やスマートフォンにプラスα(サングラス、リップ、ワイヤレスイヤホン、鍵など)で必要最低限のものを入れることが可能。

マチがあるため、見た目以上に収納できますが、見た目はコンパクトに仕上ってます。

先述通り、中にものを入れてもシワは維持されます。

20210901hk3996.jpg
20210901hk3707.jpg

ショルダー紐は無段階で長さ調節可能(64~127cm)。

2つの結び目を引っ張ることで長さを変更できます。また、紐の結び目は解くことができるのでご自身で結び方のアレンジも楽しめます。

20210901hk4006.jpg
20210901hk3727.jpg

生地の特性上小さく丸めることもできるので収納にも便利。

20210901hk3989.jpg
20210901hk3702.jpg

▼詳細
COLOR:白銀
SIZE:W16 × H20 × D4cm
ショルダー紐:64~127cm(無段階調節)
Weight:50g

-crumple- shoulder

20210901hk4050.jpg
20210901hk3766.jpg

サコッシュとトートバッグのちょうど間のサイズ感のショルダーバッグ。