top of page

自立するマスクケースの詳細と使い方

更新日:2022年8月22日

マスクを装着するとゴム紐がバッグの持ち手のように見えるデザインになっています。




「stand mask case」はマスクを収納すると、ゴム紐の部分がバッグの持ち手に見えるようにデザインされたマスクケースです。



高密度のキャンバスで制作しているためマスクを入れた状態で自立させることが可能です。


生地の表面はラミネートされた素材のため、手軽にアルコール除菌もできます。



マスク本体は空中に浮いているので机の上に置いても衛生的です。


食事をされる際はマスクを外すと思いますので、その際にテーブルの隅に置いておいたり、帰宅後、マスクの保管場所にしたりしてご活用ください。



stand mask caseは6色展開となっております。


【stand mask caseの着脱方法】

①マスクを半分折ります。次にstand mask caseを開いて、半分に折ったマスクをcase内に置きます。

②case内にあるマスクの紐だけを外に出して、金具の上まで引っ張り上げます。

③caseに引っ掛けたマスクの紐を、caseの間を通して上まで引っ張ると完成です。


慣れるとかなりスムーズに着脱できます。




ーーーーーーー


販売に関するお知らせなどの受け取りは以下より


ーーーーーーー


KENTO HASHIGUCHI

閲覧数:670回

最新記事

すべて表示